スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルトとは結局‥‥

自分でも、なんでこんなにカルト的なものが苦手なのかハッキリした原因は分かりません。

せいぜい、親が宗教を嫌っていたくらいしか思いつかないので、それが原因のひとつなのは間違いないでしょう。

ただ、それ以上に、カルトというものに強烈な違和感を感じるのです。

カルト的なものに、人間の持っている良き部分を壊していく何かを感じるのです

人間性を破壊するような自己啓発セミナーや社員研修、真理という希少性をエサにメンバーを獲得し、金銭や物的なもの搾取し、自己のエゴを増大させる宗教組織の教祖や幹部達。

これらは本当にタチが悪いのですが、しかし振り返ってみれば、一般の企業や地域社会や個人個人の心の中にもにもカルト的な現象は多々見られるのです。

要するに、人間性の奥深い所にエゴ的なものが根ざしているのでしょう


まあ、なんだかグダグダと書きましたが、言いたいことはただ1つ。

人間の持っている恐怖感や傲慢な心を巧みに操作して1つの思考に縛り付けようとしたり、多額な金銭を洗練された手口で要求するような個人や組織は、カルトそのものです。

これだけは何を言われようとも引きません!!

オブラードに包んだ表現、お茶を濁した表現をしても全く意味が無いからです。(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン



スポンサーサイト

カルト団体の手口

今日も、カルト団体についての話です。


以下の文章は、http://odin.prohosting.com/~koufuku/syoseki2.htmのサイトの文章から転記したものです。

@@@@@@@@@@@

アメリカの社会心理学者 R・チャルディーニの著書『影響力の武器』(誠信書房)には、人の心理に影響を与える様々な法則が紹介されています。この本は、マインドコントロールを勉強する人には必読書と言っていいものですが、オウムをはじめ どのカルト集団も、ここに出てくる原則を意識的にか無意識的に使っています。

・権威の法則

肩書きと服装と装飾品 (自分を偉く見せるためのアイテム)

・コミットメントの法則

一度決心してしまうと後に引けなくなる心理。出家や多額のお布施などしてしまうと、もう引くに引けない。ひたすら信じつづけるしかなくなる。

・信頼の法則

信頼していた家族、友人、上司、同僚、先輩に誘われたので入信。

・返報性の法則

何度も親切に誘われると、一度位は「お返し」に行ってあげなければ悪いと思う。

・希少性の法則

めったにない人生の転換期(チャンスの希少性)と思わされる。

@@@@@@@@@@@@


という感じでなのですが、上記の文章を読んで、当てはまっているかもと心の一部が思っているのに「いや、私の場合は少し違う」というような思考が出てきたら、それは完全にコントロールされています。

上記の法則は、カルト団体や催眠商法などに限らず、人間が生きていく上で毎日のように利用されているのですが、カルトのような悪質な団体ほど、本当に法則を巧みに活用しているんですよね。

だからこそ、自分を守る為にも知っておいて損は無い法則ではないでしょうか?


カルトなんて‥‥

オリャー○(#゚Д゚)=(  #)≡○)Д`)・∴'


カルト団体

善と悪、陰と陽、光と影などスピリチュアルな教えでは二元論的なものが多いし、一見、一元論に思える教えもそうではなかったりします。

特に顕著な例として、宗教や自己啓発セミナーが挙げられると個人的に思います。


正直言って、僕は宗教と自己啓発セミナーがかなり苦手です。

というか、団体としてのそれらが苦手と言った方が良いかもしれません


善だ悪だと決め付けて、奇妙な信念を元に行動しているのが、生理的に駄目なのです。

そのくせ、オウム真理教が世間を騒がせる少し前から、カルト団体の手口をかなり研究していました。

多分、反面教師としてのカルト団体に興味があったのでしょう。


それらの団体に所属している個人個人を非難する気はありません。

それはそれで、彼等の道を進んでいると思うからです。


でも、そんな人々にあえて言いたいのは、「団体の中には答えは無いよ」ということなのです。

所詮、団体を作ったのは神ではなく人間なのですから‥‥

そして、団体の信じている神や真理は、殆どの場合妄想の神、妄想の真理だと思うのです。


ふー、また言いたいことを書いちゃったよ‥‥

いつか怒られるな‥‥

(;´Д`)


上目目線

人間は他人に対して上目目線になりがちです。

「そんな事も知らないの~」という発言をよく聞きますが、これって典型的な上目目線です。

容姿・学歴・年齢・職業・地位などに限らず、宗教やスピリチュアルの知識なども上目目線の肥料になりがちです。

大抵の上目目線の人は気が付いてはいませんが、上目目線の態度をとられた方は、「何だよ偉そうにさ‼」ってな感じになります。

僕自身、上目目線をしたことはありましたし、逆に上目目線をされたこともあるので言えるのですが、

上目目線は‥‥‥

最低行為の1つです!
Σ(; ゚Д゚)カッ


他人を卑下する事は、自分自身を卑下しているのと同じだからです。


そして、上目目線は‥‥

自分ではばれていないと思っていても、バレバレですよ!

心と肉体

この世は幻想だと思っています。

 

宇宙も生物も鉱物もエネルギーも一般的に言われているあの世でさえ幻想のなのでしょう。

 

とは言っても、マッサージを受けたら気持ちが良いし、お洒落をするのは楽しいし、ご飯を食べる事は必要だし、歯が痛くなったら歯医者にいかなきゃなりません。(因みに、僕は歯医者が物凄く苦手です‥‥)

 

要するに、この世で生きている以上、この世のルールで縛られているのは事実なので、それを分かった上で生きていかなきゃならないのです。かと言って、肉体に囚われすぎて病気の心配ばかりしたり、1つの物事に拘りすぎたりするのは苦しいだけ。

 

なので、この世はリアルじゃないと分かった上で、肉体を持って生きているのだ、というバランス感覚は必要なのだろうと思います。

 

 

 

エゴの信念

評論家・哲学者・宗教家・政治家・経営者・芸能人などの人々が自分の信念に囚われていたら、その影響力はこの世では絶大なので、様々な力を周囲に及ぼす事になります。

 

それらの信念が良い影響を及ぼせばいいのですが、オウム真理教の麻原に代表されるように実際はそうはいきません。

 

人は、自分の信念を壊されることを防ぐ為に全力で防御し全力で攻撃します。

 

その信念が砂上の楼閣にすぎないものなのに‥‥

 

最近では、モンスターペアレントやモンスターカスタマーやクレマー等の言葉をよく聞きますが、僕自身、客商売をしているのでモンスターカスタマーによく遭遇します。

(;・∀・)

 

自分では正しい事をしていると思っているようなのですが、恐ろしく幼稚な価値観をベースに、自己の主張を絶対的に主張し続けるのです。

 

そこには、思いやりの気持ちや相手の立場を鑑みるという意識は無く、相手より上の立場でいようという意図が明確に現れているのです。

 

偉そうな事を書きましたが、僕の心の中にもそういう部分は間違いなくあるので、日々、そういう自分を許しまくっているのが現状です。

(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)

 

きっと、99%以上の人が多かれ少なかれこんな状況だと思います。

 

だから、自分の奇妙な信念に気づき、できる範囲で修正し続けたほうが良いような気がします。

 

まあ、この主張自体が僕の奇妙な信念かもしれませんが‥‥

(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)

 

 

 

カテゴリー
月別アーカイブ
 
お勧め!!
プロフィール

奇跡が満開!!

Author:奇跡が満開!!
『スピリチュアルの掟』なんて題名ですが、掟なんか知りません‼‼
( ̄△ ̄;)エッ・・?

但し、「スピリチュアル」についての自分なりの考えを、素直に表現していくつもりです。

結構毒舌かも‥‥

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
17916位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
2020位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。