スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルト団体

善と悪、陰と陽、光と影などスピリチュアルな教えでは二元論的なものが多いし、一見、一元論に思える教えもそうではなかったりします。

特に顕著な例として、宗教や自己啓発セミナーが挙げられると個人的に思います。


正直言って、僕は宗教と自己啓発セミナーがかなり苦手です。

というか、団体としてのそれらが苦手と言った方が良いかもしれません


善だ悪だと決め付けて、奇妙な信念を元に行動しているのが、生理的に駄目なのです。

そのくせ、オウム真理教が世間を騒がせる少し前から、カルト団体の手口をかなり研究していました。

多分、反面教師としてのカルト団体に興味があったのでしょう。


それらの団体に所属している個人個人を非難する気はありません。

それはそれで、彼等の道を進んでいると思うからです。


でも、そんな人々にあえて言いたいのは、「団体の中には答えは無いよ」ということなのです。

所詮、団体を作ったのは神ではなく人間なのですから‥‥

そして、団体の信じている神や真理は、殆どの場合妄想の神、妄想の真理だと思うのです。


ふー、また言いたいことを書いちゃったよ‥‥

いつか怒られるな‥‥

(;´Д`)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
月別アーカイブ
 
お勧め!!
プロフィール

奇跡が満開!!

Author:奇跡が満開!!
『スピリチュアルの掟』なんて題名ですが、掟なんか知りません‼‼
( ̄△ ̄;)エッ・・?

但し、「スピリチュアル」についての自分なりの考えを、素直に表現していくつもりです。

結構毒舌かも‥‥

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
10656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1330位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。