スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エゴの信念

評論家・哲学者・宗教家・政治家・経営者・芸能人などの人々が自分の信念に囚われていたら、その影響力はこの世では絶大なので、様々な力を周囲に及ぼす事になります。

 

それらの信念が良い影響を及ぼせばいいのですが、オウム真理教の麻原に代表されるように実際はそうはいきません。

 

人は、自分の信念を壊されることを防ぐ為に全力で防御し全力で攻撃します。

 

その信念が砂上の楼閣にすぎないものなのに‥‥

 

最近では、モンスターペアレントやモンスターカスタマーやクレマー等の言葉をよく聞きますが、僕自身、客商売をしているのでモンスターカスタマーによく遭遇します。

(;・∀・)

 

自分では正しい事をしていると思っているようなのですが、恐ろしく幼稚な価値観をベースに、自己の主張を絶対的に主張し続けるのです。

 

そこには、思いやりの気持ちや相手の立場を鑑みるという意識は無く、相手より上の立場でいようという意図が明確に現れているのです。

 

偉そうな事を書きましたが、僕の心の中にもそういう部分は間違いなくあるので、日々、そういう自分を許しまくっているのが現状です。

(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)

 

きっと、99%以上の人が多かれ少なかれこんな状況だと思います。

 

だから、自分の奇妙な信念に気づき、できる範囲で修正し続けたほうが良いような気がします。

 

まあ、この主張自体が僕の奇妙な信念かもしれませんが‥‥

(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)

 

 

 

自己正当化の罠

救世主が現れると思っているグループがあったとしたら、そのグループのメンバーは救世主が現れるという信念の下で行動するでしょう。仮に戦争が起きたとしても、救世主が現れる前兆だと本気で思ってしまう。

 

予言を信じている人々は、たとえ予言が外れても、「これは運命が変わったからだ」と解釈をして、予言を信じ続けるでしょう。

 

会社で仕事のミスをしても、自分のせいでは無いと主張して他人や外部環境のせいにする人は、いつもそんな事を繰り返しているでしょう。

 

何が言いたいのかと良いますと、一度信念ができあがってしまったら、自己正当化をしてでも自分の目の前で起きた出来事を自分の信念に合わせてしまうのだ、ということです。

 

自己正当化は絶えず巧妙に行われるので、自分が自己正当化しているなと思ったら止めた方が良いでしょう。

 

それも全力を挙げて止めるべきです。

 

奇妙な信念と自己正当化のペアを舐めてはイケません。

(-ω-;)ウーン

 

 

 

 

自分の爆弾

僕は、周りの人には穏やかな人間だと思われていますが‥‥



実はかなり短気なところがあります。
ヽ(`Д´)ノプンプン


特に、高慢な態度を取られたり、理不尽な事をされたり、失礼な事をされると、内心は‥‥



オラ・オラ・オラ~○(#゚Д゚)=(  #)≡○)Д`)・∴'.



てな感じになります。



最近では、そんな自分を許せるようになり怒りは持続しなくなりましたが、過去は怒りを長期間に渡り持続させていました。



一ヶ月や二ヶ月ではすまないくらい、怒りにエネルギーを費やしていたと思います。



しかし、怒りにエネルギーを費やすと本当に疲れます。



怒りに焦点を合わせることにより、周りも見えなくなってしまいます。



今思えば、よくあんなに怒れたな~と思えます。
σ(^_^;)アセアセ...



今でも短気は変わりませんが、僕に良い刺激を与えてくれた全ての方々のお陰で、その後の意識の切り替えが物凄く早くなりました。


僕に刺激を与えてくれた全ての方々に対しては、心の底から感謝したいと思います‼

(^人^)感謝♪


 

(追記)

 

『覚せい剤中毒からどのようにして更正できたのか?――杉山裕太郎さん(後編)』

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0910/16/news004.html

 

 

をよかったら読んでみて下さい。

 

 

スピリチュアルや能力開発も良いけれど、この記事から学ぶ事は多いはずです。

 

 

本当の意味での『今を生きる』ということは、スピリチュアル系や自己啓発系の本で書かれていることとは全く違うことだとは薄々分かっていたのですが、僕はこの記事を読んで、この事を再確認できたと勝手に思っています。


恐怖感を蹴散らす脳科学

「脳を鍛えるには運動しかない」(NHK出版)という本があります。

(リンクを→に張ったので、参照してみてください)

 

 

運動により、脳の神経細胞の増加、知能のUP、ストレス・不安神経症・うつ・多動性障害等の精神疾患等の劇的改善、癌や痴呆症リスクの大幅な軽減等が起きることを、詳細な研究データと実例を元に表した本です。

 

 

こういう良質な本の前では中途半端なスピリチュアルは裸足で逃げ出していきます。

ε≡≡ヘ( ´Д`)ノオレガワルカッタヨォ-

 

 

スピ系の人たちにありがちなのですが、他の分野を直ぐに否定してしまう人が多い。

 

 

特に、宗教関係に沢山いるような‥‥

 

 

うちの奥さんは、ある宗教関係者に「自分たちの宗教を信じない者は全員地獄に落ちる」とまで言われました。

エッ? (;゜⊿゜)ノ マジ?

 

 

その宗教関係者は、何を根拠にそんな事を言ったのか分かりませんが、もう、その宗教の教えの視点でしか物事が見れなくなっていたのでしょう。

 

 

 

世の中、怪しい自己啓発の本やスピリチュアル系の本がありますが、たまには科学や哲学や物語などの本をぜひ読んでください。

 

 

 

全く別な視点を得ることができますよ。

 

 

 

 

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

見下す奴らはぶった切る(?)

スピリチュアルの事に対して否定的な書き込みが多いように受け取られるかもしれないけれど、別に否定をする意図は全くありません。

 

 

精神世界のお勉強は、自分の根本的なベースになっているからです。

 

 

僕がブッタ切りたくなるのは、スピリチュアル思想に限らず、自分たちが一番正しいと思い込んでいたり、正しいと信じたがっている人々の『考え方』なんです

 

 

昔は、そんな人たちを見ると(#゚Д゚)y-~~イライラしていたのですが、僕自身だってそういう所があるのは否定できないので、偉そうな事を言う立場では全くありませんでした。

 

 

まあ、メチャクチャな事を言われブチ切れてしまったこともありましたが‥‥(;゚Д゚)

 

 

他人の意見や主張を見下す人たちって視野狭窄状態なのですが、実はその状態が快適なので視野を広げたくないのです。

 

 

だから、自分の見える範囲の世界や理解できる範囲の世界を守る為なら、意識的に無意識的に何でもするのです

 

言い訳、脅し、陰口、暴力などが良い例でしょう。

 

 

では、人が何故、視野狭窄状態を好むのかといえば、根源に『恐怖感』というものがあるからだと僕は思います。

 

 

続く

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

カテゴリー
月別アーカイブ
 
お勧め!!
プロフィール

奇跡が満開!!

Author:奇跡が満開!!
『スピリチュアルの掟』なんて題名ですが、掟なんか知りません‼‼
( ̄△ ̄;)エッ・・?

但し、「スピリチュアル」についての自分なりの考えを、素直に表現していくつもりです。

結構毒舌かも‥‥

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
17916位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
2020位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。